激安品の1万円以下から数十万円まで価格差がある品ぞろえ。

 

 

安いモノには理由あります。
その素材、密度で確認しましょう。

 

元来、高級家具といえるソファだがホ ムセンタ やネット通販でも驚くような価格の激安品が売られている。

 

しかも素人目には高級品と大差がないように見えるので思わず手を出したくなるが、一度冷静に考えるべき。

 

ソファの価格はそれぞれの素材や密度により変わってくる。

 

安いものにはそれなりの理由があるのだ。ここではソファ選びに失敗しない術をお教えしよう。
他の部分の作りや素材が手抜きでは話にならない。

 

激安ポケットコイルの商品には地雷が多いのでポケットコイルという言葉だけに気を取られないようにしよう。

 

具体的なソファの見方

 

安価なウェービングベルトを使ったものでも高級で品質が高いソファは存在するので、総合力で見る視野も必要だ。

 

さらに、クッションとなるウレタンの密度もしっかり押さえておこう。
ウレタンがスカス力だとへタってしまうのも早い。
商品寿命に直結する問題なので軽視は禁物だ。

 

 

試座した際、心地良く感じてソファは長期にわたり使用する家具なので高級品というイメージがある。

 

だが中には1万円台の品も売られており、意外とどれを買えばよいのか分からないジャンル。消費税UPの影響もあり、少しでも安いものをと考えてしまいがちだが、格安ソファにはやはり安いなりの理由があるので注意が必要だ。

 

ソファで確認すべきはその素材。

 

素材の構造、密度が価格に反映されているのだ。

 

そのため安いソファはどこかで手を抜いている可能性大。

 

価格差は座り心地ではなく耐久性に影響するので第一印象だけで決めるアイテムではない。
ソファの価格を左右するもっとも大事なボイントは座面の構造だろう。

 

一番の要は弾力性。

 

その弾力性が座り心地を決める。

 

 

さまざまな種類があるのでその特性は覚えておきたい。
まず一般的に、コイルがー つーつ独立し、心地良い弾力性が特徴の「ポケットコイル」が高級とされている。
それゆえポケットコイル使用の商品はそれだけでアピールポイントにもなるが、 妄信は危険だ。
その品質や密度や、その構造をしっかり確認する必要がある。密度が低過ぎると安定性に欠ける恐れもあるのだ。

 

ホームセンターのソファの総評

 

高額商品まで品ぞろえが豊富ですが、低価格の品はそれなりのものなので、気を付けて購入したい。

 

総じて、品質は悪くないが、低額商品の貸与年数が気になるところだ。