4000円代のオリジナル商品である格安ソファーの実際

4000円台のという格安の価格のソファを発見したので、商品売り場で見てみた。

 

外観の様子は

 

通常の座椅子の高さより、やや低めで、 脚をかなり折り曲げないと座れないのが難点でい一番気になるところだった。

 

肌触りは合皮のようななめらかで悪くない。
横幅もふたり腰掛けても狭さは感じず、ゆったりとした作りだ。

 

タダ見た目の貧弱さデザイン性の無さが逆に目立つ。

 

内部の様子は

 

外から見える位置にファスナーがあるので中身を見てみた、すると、このファスナーはく組み立て時のコストを削減するためのものであった。

 

実際にファスナーを開けてみたところ、むき出しの部品が顔を出したのだ。

 

リクライニングのための金属を 1枚のクッションでカバーしようとする粗悪さも目立った。
ソファカバー の肌触りは悪くないものの、「座り心地が快適」と言えないのが、その原因があるようだ。

 

 

結論

 

見た目ではない長期的な使用に耐えうるかという疑問も残る。
念のために消耗品だと納得したうえで購入したい
はやり、値段相応のもので、1、2年で消耗するものだと覚悟して購入したほうがよさそうである。