ホームセンターで格安家具生活は実際にどうなのか?有り?無い?

格安家具量販店の勢いはとまりませんね。

 

日本の富裕層や中間層が少なくて、貧困層が増えているからなのか格安が止まらない。

 

 

大手のホームセンターと言われる会社は、IKEA、ニトリ、カインズホームや無印商品も含めて多くの会社がありますね。

 

IKEAが日本でインテリや家具を販売開始してから多くのホームセンターが進出してきました。
またニトリや無印良品などは部屋づくりを考えるうえで家具やインテリアなどを選ぶ存在として認知されてきています。

 

また、近年の家具を語るうえで外せないのがホームセンターではない意外な100円ショップですね。

 

以前は「安もの粗悪品」というイメージでしたが、安いのにデザイン性と機能性を併せ持つ優秀な多くのアイテムが登場しています。

 

この100均もので、IKEA、ニトリ、 無印良品の商品に付け足して活用している人がおおいですね。

 

 

ホームセンターの格安家具をどのように選べばいいのか。

 

 

実際に購入したショップや価格(現時点2018年)でご紹介していきます。
実際に買える商品なので、すぐに自宅のインテリアに取り入れられますね。

 

格安の家具をつかって、自宅の部屋づくりをしていきましょう。

 

 

安くて良い家具を選ぶには素材や構造を詳細に見ましょう。

 

例えばソファーで考えてみましょう。

 

ソファーを上手に買う方法とは

 

ソファは長期にわたり使用する家具なので高級品というイメージがあるますね。

 

でもホームセンターでは1万円台の品も売られており、意外とどれを買えばよいのか分からなですね。

 

少しでも安いものをと考えてしまいがちだが、格安ソファにはやはり安いなりの理由があるので注意が必要です

ソファで確認すべきはその素材。

 

素材の構造、密度が価格に反映されてます。

 

そのため安いソファはどこかで手を抜いている可能性大です。

 

価格差は座り心地ではなく耐久性に影響するので第一印象だけで決めてはいけません。

 

ソファの価格を左右するもっとも大事なポイントは座面の構造です。

 

その弾力性が座り心地を決めます。

 

さまざまな種類があるありますのでご紹介します。

 

まず一般的に「ポケットコイル」が高級とされています。

 

ポケットコイルとはコイルが 一つーつ独立しているコイルをさします。

 

それゆえポケットコイル使用の商品はそれだけでアピールポイントにもなりますが、 それだけで決めてしまうのはよくありません。

 

その品質や密度や、その構造をしっかり確認する必要があります。

 

密度が低過ぎると安定性に欠けますし、ポケットコイル使用でも他の部分の作りや素材が粗悪品だと元も子もありません。

 

ポケットコイルの粗悪品が出回っていますので、ポケットコイルという言葉だけでこの商品は高級だとか高品質だとか思ってしまうと間違った買い物をしてしまうかもしれません。

 

安価な素材を使ったものでも高級で品質が高いソファに見えてしまいますので、局部的に見るのでなく、全体から見ないと失敗してしまいます。

 

さらに、クッションとなるウレタンの密度などもの関係してきます。
中身のウレタンがスカス力だと直ぐにへタってしまい、使用年数に関わることなので、実際に手で押してみたり、座ってみたりすることをお勧めします。

 

素人目には、なかなか高いハードルですね。

 

 

布団やマットレスを上手に購入する場合

 

ホームセンターにもベットやマットレスや布団セットなど販売されていますね。

 

大半が専門店とは比べ物にならないぐらいの格安で販売されています。
中には西川などのメーカー品も取り揃えている場合もありますが、10万円などの高価な商品は殆どなくて大体が5万円以内です。

 

またオリジナルの商品も多くそろえていて、独自の販売PBという商品化して販売しています。
どちらかといえば、自社ブランドの商品を進めているところが多いです。

 

その仕組みは大量生産させてPRはほどんどしない、デザインもこらないなど独自の生産ロスを最小限に抑えることによって利益が出るからです。
もちろん利益が出る商品なので、強く推す商品品となります。

 

ただよく見てみると、弾力基準などの具体的数値が表示されない無いものも多くみかけます。

 

1年ぐらい使用するぐらいであればいいのですが、何年も使用する場合には気になるところです。
実際に購入されて数年で買え替えになった方もいます。

 

 

布団やマットレスの類は

 

割り切って購入するにはホームセンターで
長年使いこむ予定であれば専門店で
ご購入したほうが良いです。

 

また、長く使う布団やマットレスは腰痛にも関わってきますので、慎重に選びたいものです。

 

 

 

 

どうすれば正しい評価がわかるのか?

 

特にホームセンターの商品はPB商品でもあるので、詳細が記載していないことも多いので実際に勝った人に聞いたり、ネットで口コミをみてみたり、店員さんに聞いてみたりして外側からは分からない品質チェックをしましょう。

 

今の時流はネットでの口コミが一番早く信憑性がたかそうですが、サクラのような口コミもありますので気を付けてください。

 

一番いいのは直接訪問して、自分の手で触ってみて、店員さんに聞いてみるのがいいでしょう。
店員さんだと人気商品や実際の現状を教えてくれるはずです。

 

現在は、それほど悪い粗悪品はないと思いますが、日本で生産していないものが殆どです。
多くは中国や東南アジアです。

 

一番気になるのが、やはり耐用年数というか使用年数ですね。
使用している数ヶ月は問題ないですが、長持ちしないものも中にはあります。
100円ショップの商品が正にこれですね。
見た目は同じでも、直ぐに壊れる、使い物にならなくなる。

 

そんな目にあいたくなければ、専門店や専門のメーカーということになりますが、実際価格は1万以下で買えるようなものはありません。

 

引っ越しが多い単身赴任者など、定期的に引っ越しする方は引っ越しごとに交換という感覚で購入もできるかもしれませんが、末永く使いたいそんな方には、実際あまりお勧めはできません。

 

 

ホームセンターでの購入評価

 

買え替えの前提で購入するならホームセンターで購入するのが一番。
引っ越し都度の買え替えなど

 

但し、数十年越しで末永く使用したいなら、専門メーカーの家具をご購入する方がよろしいです。
家具専門のお店に行きハンドメイドも含めてご検討されたらいかがでしょうか?

 

寝起きでの腰痛に悩んでいる方は下記を参考にしてみてください。